ものべの - すみ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【日記】うーん....うまくいかない 

 どうも、サブ機のUSB 2.0ドライバがインストールされない><
一通りの流れを書きます。

 P4GD1・GF6600GTのドライバCDを紛失
 ↓
 ネットからドライバをダウンロードしてインストール
 ・Marvell Yukon Gigabit Ethernet V7.14.1.3 for Windows 2000/XP/2003.
 ・Realtek ALC861 Audio Driver V5.10.0.5027.
 ・Intel(R) software Installation Utility V6.0.1.1002 for Windows 2000/XP/2003.
 ・GF6600GT Driver
 以上のものをインストール。M/BはASUS Updateを利用してVerをあげました。
 ↓
 USB 2.0 ドライバをネットで探すがうまくHITされない。
 ↓
 試しに、P5K-ProのドライバCDを入れた状態で、USBドライバの更新を。
 ↓
 更新されて、再起動してみるが、2.0にはなっていなかった

 とりあえず、昨日もしたんですが、Windows Updateをしてみます。
もしかして、Microsoft Updateもしなくてはいけないのか。。。。

サブ機を組んだその日にウィルスが誤って混入してOS再インスコしたんですが、昨日、メインのPCにもウィルスが入りました。。。。
調べてみると、結構前に、タスクマネージャーで不自然にCPU処理をしていた「boot.com」があったんで、それを一度調べてみると案の定ウィルスだったようです。ウィルス名はトロイの木馬
ウィルスがわかった原因としては、マイコンを開いてHDDをダブクリをすると
「C:\recycled\boot.com アプリケーションは Win32 モードで実行できません」このように表示されました。
他のHDDも全部同じエラーがはいて開けなくなりました。
とりあえず、グーグル先生に頼んだら、潜伏ファイルが残っているようで、その潜伏ファイルを調べてみると
・autorun.inf
こちらが出てきました。
駆除方法は

コマンドプロンプト起動

dir C:\/a を入力してEnter. CはHDDのドライブ名です。Eなら dir E:\/a と書きます。

・autorun.infがいることがわかりますのでこれを削除します

attrib -r -h -s C:\autorun.inf を入力してEnter.
これでautorun.infは削除されます。
そして、コピーを防ぐために

del C:\autorun.inf と入力してEnter/
これで完全にウィルスが消えました。


他のHDDにも感染していた場合は、同じ手順でやれば大丈夫です。



[ 2008/12/01 13:29 ] 【日記】日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
おすすめサイト
PC・モバイル・スマートフォンのアフィリエイトは「アクセストレード」で

- アクセストレード -
ATレビューだけで毎月課金可能
作業内容もコピー⇒貼り付けだけ

解説と攻略

215_60

- Buzzimp Press -
1日10円以上獲得可能
隠れたお宝サイトです。

解説と攻略


- げん玉 -
毎月換金可能
超大手ポイントサイトです。

解説と攻略


- GetMoney -
アンケート・ゲームが豊富
紹介ポイント50%が魅力です。

解説と攻略

Amazon Shop


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。